フィリピン・セブ ④エピローグの続きと日本に帰ってから(重大事実発覚)

ビーチからセブの街中に帰ったのが20時ごろ。

ホテルに着いたのは20:30ごろか。

 

前回のお話はこちら

 

正直疲れ切っていた。

海で泳ぐのは疲れる。

 

ひとまずシャワーを浴びて。

 

どうしよう。

一人で予定もない。

 

セブ最後の夜だし遊びたい。

でも体だるい。

 

ひとまずいつものマッサージ、MingThaiSpaへ。

Mignthaispaの紹介はこちら。

 

 

日式KTVへ

 

マッサージを終えてもまだ時間はあった。

 

ビーチは楽しかったものの、M嬢との別れで正直後味がよくない。

このままだとセブでの思い出が、いやな思い出になりそうな気がしていた。

 

セブでの遊びは、サクッとしたものがない。

そう考えると、バンコクのテーメーやマニラのLAカフェは優秀で手軽だなと思う。

 

朝も6時起きで疲れていたし、エロはなしでいいかと考えて、日式のKTVに行くことにした。

 

 

セブの夜遊びの種類、日式KTVとは?

 

セブの夜遊びは大まかにこのように分かれると思う。

 

①ビキニバー

これはGOGO見たなもんですが、嬢は踊っていなかったような。

入店すると、ショーアップといって嬢を並ばせてくれて、その中から選びます。

そのまま飲むもよし、持ち帰るもよし。

ただし連れ帰る費用は高いです。

 

②ストリート、出会い系、ポン引き

ストリートと出会い系は運しだいですし、レディボーイも紛れているのでお手軽でないかと。

ポン引きに連れて行ってもらって、嬢を選んでそもままラブホへ、というパターンもありますが

ポン引きがどれだけの嬢を囲っているかにもよります。これも運ですね。

こちらはそこまで費用はしません。一発2000~2500ペソくらいでしょうか。

 

③日式KTV、韓国式KTV

こちらはいわゆるキャバクラですね。

日式、韓国式の違いは、日式はお持ち帰りできない、韓国式はお持ち帰りあり、というところですね。

お持ち帰りするにはそれなりにお金が必要ですが、飲むだけならかなり安いです。

 

ということで、僕はセブでの締めとして、日本式のKTVに行ってきました!

 

 

行ったお店は、日本式KTVの小町KOMACHI

 

行ったお店は小町というところ。

ASフォーチュナー通り沿いにあります。

小町KOMACHIのホームページ

 

お値段はホームページに記載ある通りで明朗会計。

もちろん、サイトは日本語です。

 

【セット料金】
1時間 男性600ペソ/お一人様、 女性300ペソ/お一人様

【ハッピーアワー】
19時〜20時、0時〜3時まで 男性400ペソ/1時間、 女性300ペソ/1時間

 

一時間600ペソというと、1260円くらい。

これで飲み放題付き。

激安ですね。これで女の子も一人まで付くんですからすごいです。

(女の子指名二人目からは、一人一時間200ペソ追加です←それでも安い)

 

 

嬢を選んでみた!

 

店内は結構ゴージャス。

スタッフはみんな日本語話せます。

 

 

 

選んだのはこんな子。

 

Hちゃん。

ミンダナオ出身の25歳。

ピーナにしてはとてもスレンダー。

しかもたれ目で、ブルーの超好みの顔です。

 

 

 

さてさてHちゃんとおしゃべりしながら

 

飲みながら

 

 

 

いろいろと情報収集します。

 

 

セブは好きだとは言っても夜は特定の嬢と過ごしていることが多かったし

 

なによりすぐにエロを求めてKTVはあまり来なかったのです。

 

 

聞くと、やはり日本式のお店はお持ち帰りNGとのこと。

しかもお店が結構厳しくて、開店の19時~閉店の3時まで携帯を触ってはだめだとか。

(僕と連絡をとりたくないための嘘かもしれませんが)

 

それでも仲良くなったら、店外デート&ブンブンできそうな雰囲気はありました。

 

また韓国式はお持ち帰りできるでしょ??

と聞くと、あっちで働いている女の子は可哀そうだとのこと。

 

うーん、なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだお話しして楽しかったけど、すでに体力が限界だったので一時間1セットでお会計。

 

自分でビール二本(これは料金内)、嬢にドリンク二杯で、1000ペソちょっとでした。

やはり安く、明朗会計でした。

 

 

はぁ

もっと通って口説くのもいいな。

 

 

 

終わりに

 

 

セブは、夜の遊びは発展していないかもしれませんが、まだまだ開拓の余地があると思います。

何より、物価が安いので、うまくやれば長いこと沈没してもいいかも。

 

 

難点としては、学生が多い&韓国が多いこと。

セブへの渡航外国人は、ダントツで韓国人が多いです。

これは留学のせいもありますが、普通に家族なんかで旅行にも来るそう。

飛行機は韓国系のLCCの直行便がとても多いし、街には韓国料理やがいたるところで目につきます。

 

日本人の若い学生も多いです。

私はその当時社会人でしたが、英語の短期留学で人気ですからね。

海外ではあまり日本人と絡みたくないので、なるべく避けたいですが、街のどこに行ってもいるので仕方ないですね。

 

オキニもいないし、もうしばらくセブはいいかなぁと考えつつ、またLCCのセールで安ければ

 

のんびりするために来てもいいかも。

 

そんな今回の旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰ってから。

 

 

と、話はそれで終わらなかった。。。

 

M嬢と夜を共にしたのが、日曜日。

 

月曜はビーチに行って、夜は日本式KTVに行ったのみ。

ブンブンしていない。

 

火曜日は終日移動日で帰国。

なんだかムズムズするけど、ブンブンしまくった時はこういう感覚になるので気にもとめていなかった。

 

 

 

水曜日のお昼ごろ。。。。。

 

 

なんか、出てる!!!!

 

 

 

泣。

 

 

 

感染してしまったようである。

 

 

人生初。

 

 

おかしいと気づいた水曜にそっこーで病院に行き、検査をしてもらいました。

 

自由診療のクリニックだったから、検査と治療合計で2.1万円の出費。。。

 

これが勉強代か。。。

 

 

 

症状としては、淋病かクラミジア。

 

もしくはそのどちらもかかっている可能性はある。

 

 

なお淋病の検査結果はすぐにでるが、クラミジアは2日ほどかかると。

 

 

 

はい、淋病確定。

 

 

 

医者の勧めで、淋病と合わせてクラミジアの治療もすることに。

この時点では、クラミジア感染はまだ結果がでていない。

 

 

 

 

で、二日後。

 

 

 

 

 

クラミジアもかかっていた。

 

めでたく、ダブル感染。。。。

 

 

 

心当たりはある。

 

 

 

マニラではないだろう。

 

 

 

セブで相手をしたのは一人。

 

 

 

彼女に伝えて、そのままLINEをブロックした。

 

 

すでに治療済だから症状はすぐにでなくなっているが

 

 

向こうしばらくはゴムゴム人間だな!

ネットで大量に仕入れよう!!!



 

 

正直なところ、初めて性病にかかるというのは、ショックが非常に大きく

 

 

自分の甘さに、とても悔しくなった。

 

 

今後もエロ活動を長く続けたいので、今回色々と学んだことを次回記事にしようと思います。

 

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です