ナナプラザ・ビルボード(Billboard)でぼったくられそうになった話

先日バンコクへゴルフ旅行へ行ってきました。

 

その時の出来事をかいつまんで記事にしていきたいと思います。

 

今回はゴルフ仲間(もちろんエロい)との旅行でゴルフメイン(とか言いながら一回しかやってない笑)だったので

旅行記形式というよりは、面白かった出来事をかいつまんで書いていきます。

 

過去のバンコク記事はこちら

 

2017年9月

 

2017年12月の年越し

 

お!

これで9月、12月、3月と三か月ごとに来ていますね。

やはりバンコクはそれくらいの頻度で行きたいです。

 

ちなみに6月もバンコク&初パタヤ訪問予定なので3か月ごと4回連続確定です!

ブログも更新しますので乞うご期待!!

 

ちなみに2017年年末は、キャプテンTKさんのオフ会にも参加しましたー

 

男4人で一軒家を借りて

 

ブルーと友人3人、うち一人はバンコクが初めてでした。

 

計画段階から、Airbnbで家をまるまる借りて、女を連れ込んでどんちゃん騒ぎしようぜ!的なノリで

 

4ベッドルームの家を予約してありました。

 

もちろん、4人それぞれが持ち帰っても楽しめるように、それぞれ部屋が分かれているような家を選んでいました。

 

 

イムちゃんで腹ごしらえ

 

プロンポン駅すぐ近くにあるイムちゃんという綺麗な屋台風レストランをご存じですか?

 

僕は結構バンコクに来ているのに初めて知ったんですが、ここ、まじで旨いです。

 

バンコクのエロ界隈で有名な経営者の方も来ておりました!

 

場所はこちら。

 

↓こんな感じで店内は清潔

 

バンコクに来たらまずはシンハービール

 

店員さんおススメのこの魚が激アロ。

なんで辛すぎるのに食べるの止められないの?

 

食べかけですいません。

ぱったいははずせません。

 

 

とにかく値段はすごく安くて

 

めちゃめちゃ美味しかったです。

 

 

腹も満たされたし、夜の街へ繰り出しました。

 

 

 

 

GOGOでそれぞれオキニを持って帰る。

 

とりあえず昼にエロマ行ったり、午前中にゴルフしたり、次第にいつものバンコクでの遊びに飽きてきて

 

今日は4人それぞれ家に持ち帰ろうという話になりました。

 

しかし、4人が同じ店でいい嬢を見つけることは至難のわざです。

 

なので、僕と友人Aが先にビルボードで選んで、他の二人を待つことにしました。

 

 

ビルボード(Billboard)でぼったくり

 

ナナプラザで何件か回って、結構楽しんでいました。

 

ビルボードではそれぞれ女の子付けて、レディースドリンクもおごって

 

チチもんだり、わいわい楽しんでいました。

 

時間が遅くなると家に帰ってからのお楽しみ時間がなくなるので、上記の通り僕ともう一人はペイバーしてお会計することに。

 

 

 

 

とここで問題が発覚します。

 

4人でいって、7500バーツ超え。

たしかにレディースドリンクをおごっていたと言っても女の子一人に3~4杯くらいなので800バーツくらい。

男性陣が一人3杯飲んでも、600バーツ。

※計算はざっくり

 

つまり男性一人頭1400バーツくらい、合計で5600バーツくらいのはずでした。

男性陣は皆お酒に強いメンツだったので、これはおかしいとスタッフに猛抗議。

 

スタッフは間違っていないという。

すったもんだでやりとりしていてもらちが明かず、こちらもヤクザはないので言い合いはせず

冷静に明細を見せろと要求。

 

スタッフは悪くないと思っているので、レシートを見せてくれたところ

とある番号でやたらとドリンクがついていたんですね。

 

みなさんご存じでしたか?

レディースドリンクはおごったらきちんとどの番号の嬢に付いたかレシートに記録されています。

 

でないと女の子の取り分が分からなくなるから当たり前ですよね。

それで見ていくと、この子にはこれだけ、あのこはこれだけ、と納得のいくものの中で

 

やたらと♯444についています。

しかも毎回2杯ずつ、しかもソフトドリンクばかり。

仮に頼んで飲んでいたら払うのも致し方ないですが、OKしていないし明らかに飲んでいないドリンク。

 

明らかにこの♯444がおかしい。

この番号の嬢は誰だ?ほかの客のオーダーと間違っているんじゃないか?

とスタッフに詰め寄ったところ

 

この♯444はママさんの番号だと。

 

ははーん、気づきました。

わいわい楽しんで酒も飲んでいる4人組から、頼んでもいないオーダーを紛れ込ませてぼったくろうとした

悪徳ママさんがいたのです。

 

これだけ明らかになったので、ママさんに詰め寄り

 

このオーダーは承知していないと伝え消すように依頼しました。

 

初めはママさんも反論していましたが、バレたと思ったのかすぐに観念して正規料金(たぶん)を払って退店しました。

 

支払額は合計6000バーツ。

妥当だと思います。

 

本当に胸糞悪かったので、もうペイバーはやめようかと思いましたが

 

嬢がかわいかったので、お持ち帰りしました。

 

ちなみにこんな子で、タイガーっぽくない子です。

 

まぁこの子もこの後、ちょっとした出来事が起こるのですが。。。

 

そんなこんなでビルボードを後にしました。

 

 

皆さんもお気を付けください。

 

極力ママさんとは仲良くしないといけないなとは思いますが、今回は無理でした。

ビルボードにいる横に大きい明らかに顔が悪徳顔したママさんです。

 

ネットで評判を見ると、このままさん評判がよくありません。

チップの要求ががめついようです。

 

持ち帰った嬢も、ままさんのことは好きではないと言っていました。

 

とまぁ悪口はこれくらいにして、残り二人が選ぶのは後半にて。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。