インドネシア・バタム島の風俗(2018年3月最新情報)

まだまだゴールデンウィークまでどこにも行かないので、3月の続きです。

 

また地方です。それもインドネシアの。

 

 

インドネシアは生中だし(NN)の聖地です!

ブンブンのコスパだけで言うと、ブルーのトップ3に入るくらいいいですね~

 

過去に行った記事はこちら!!!

 

 

バタム島って??

 

ここにあります。

 

はい。

インドネシアといってもシンガポールのほうが近いです。

 

バタムは工業の島として開発され、第二のシンガポールの位置づけですね。

シンガポールが色々と高いので、バタムに移転してくる工場などあるようです。

 

シンガポールからバタムはフェリーで一時間くらい。

物価の高いシンガポールから週末ゴルフにしに来る人もいるようです。

 

ちなみにバタム島の横には、ビンタンビールの名前にもなっているビンタン島があり、こちらはリゾートだそうです。

 

バタムの風俗は?

 

気になる夜のお遊びですね。

 

昔はロングで楽しめることで有名なスポットだったようです。

まさにロングの聖地。60万ルピア(6000円)で遊べた時代もあったようです。

 

いつもお世話になっているパタヤ千夜一夜さんのリンクを張っておきます(2012年情報?)。

 

ただし2012年でもロング60万ルピア(6000円)で遊ぶのは厳しかったようです。

 

さて現在2018年はどうなっているのか?

 

バタム 2018年の風俗は

 

いろいろと調査してきました。

残念ながらもうロングの聖地ではなくなったようです。

 

僕が遊んできたのは一発のみ。

いろいろと回りましたが、あまり好みの子もいないので一発にしておきました。

 

今回は遊びの場所も最近物のがでてこなかったので、バイタクの運ちゃんに案内を依頼しました。

正確な場所はチェックできていませんが、このあたりのマッサージ屋を訪問すれば大丈夫です。

 

バイタクの運ちゃんと数件回りましたが、どこもショートで60万~80万ルピア(6000~8000円)。

これだとバンコクと変わりませんね。

 

ジャカルタは一発3500円ほどでできるし、レベルも高いのですが、それに比べたらバタムは選べる子がいないですね。

 

もうバタムでのブンブンはなしにしようかと思ったのですが、エロブロガー魂と、運ちゃんが40万ルピア(4000円)のところに連れていくとのことで、最後の一軒を訪問することにしました。

 

初めにそこ連れてけよと思いますが、仕方ありません。

 

バタムで遊んだ嬢はこんな子

 

遊んだ嬢をご紹介します。

 

Aちゃん22歳

55万ルピア部屋代込み

 

結構可愛かったです。

 

こんなシャワーで

 

こんなベッドで

 

サービスもまあまあで普通にフィニッシュ。

 

 

え?

値段?

 

そうなんです。

40万ルピアに行くと言われましたが、55万ルピアと言われました。

まぁ運ちゃんのマージンが入っているのか、外国人価格なのかわかりませんが、これがバタムの相場ってことでしょう。

 

一応バイタクの運ちゃんには5万ルピア払っておきました。

 

にしてもバタムはあまり可愛い嬢がおらず、値段も高いですね。

ネシアで言うと、ジャカルタやバンドンに比べると、かなり劣りますね。

嬢のレベルもそうですし、部屋のきれいさ、水回りの設備も。

 

過去に行ったジャカルタとバンドンの記事はこちら。

 

 

 

 

僕がいった時間が遅かったので、もしかすると早い時間だとロングで連れ出せる可愛い子がいるのかもしれません。

 

もしもバタムで長期滞在するならいいかもしれませんが、どうせならジャカルタかバンドンへ行きましょう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。