ジャカルタ定期観測2018-3 (北部、また勤務初日の子と)

これにて3月のエロ報告は終了となります。

 

2018年のGWはか・な・り観光中心の渡航になるのでどうしようかなぁと思いつつも

 

新しい方向性にチャレンジしてみようかと計画中です。

 

さて、3月はインドネシアを訪問していましたが、最後は大好きなジャカルタです。

 

生中だしの聖地 ジャカルタ

 

過去記事を読んでいただければわかると思いますが、ジャカルタはかなり生率が高いです。

その分病気も怖いのですが。。。

 

 

 

しかも安い!

 

僕がモットーにしている、ホテル一泊3000円、ブンブン一発3000円を体験できて満足できる都市です。

 

遊んだのは安定の北部

 

あまり日数がなかったため、今回もオキニのいる北部リピートです。

 

がしかし、オキニは女の子の日とのことでおらず。

 

もう一人のオキニはホテルに連れて帰らないと行けない業態でめんどくさくてそのままいつもの店で物色します。

 

一日目に遊んだのはこんな子

 

Cちゃん 19歳

38万ルピア

 

顔は結構かわいかったですねー

 

ただサービスが結構塩対応。

いや、悪くはないんですけどね。

 

うぶな感じで英語はあんまりでした。

 

サービスの方は、クンニ×、生もだめで普通のサービス。

 

うーん、この店にしては外れを引いた気がします。

 

 

二日目に勤務初日の子と出会う

 

今回はなんかついているんですよねー

 

翌日もそのまま北部の置屋を散策していましたが、大体かわいい子が集まっているのはいつも行く店。

 

しかたなしに物色。

 

ここのママさん?というか斡旋しているおばさんには

 

今日もオキニは女の子の日だと言われてしまう。

 

そだよねー、一日は終わらないよね、と思いつつ雑談。

 

こういうママさんとの雑談や気遣い、情報収集って大事ですよね。

 

どんな子がいいの?

と言われ

 

細くて、若い子。

(こういうとことでは顔の好みは通じないと思っているので伝えない)

 

この子どう?

中国とのハーフで、今日が勤務初日なの。

 

(正直、顔は好みではない。でもいけるレベルではある)

(勤務初日は必ずブンブンしておいたほうがいい、と本能が言っていた)

 

はい、じゃこの子で!

 

 

Rちゃん 20歳

本当に勤務初日とのこと。

英語も全然だめで、年齢を答えるのに指を使うし。

大丈夫かこりゃ。

 

でも全然後悔していない。

初日なんてめったに会わないから。

 

勤務初日だけど、サービスのあれこれって教えないのかな?

 

この子は、いわゆるお風呂セットというかボディソープとか籠とかも持っていなかったんですよねー

 

別にいいけど。

それだけにうぶ感がましてそそられる。

 

サービスは向こうからは積極的でないので、こちらから攻めさせてもらう。

 

もちろんクンニ。

 

クンニなんて、普段インドネシア人からされないのかな?

 

かなり感じている。

 

これはもうこっちのもんだ。

 

クンニでクリのみを攻める。

あくまでくりのみ。

中はブンブンのためにとっておくのだ。

 

クリを転がしている舌の速度を変えたり、吸ってみたり。

 

高速にして、吸って、程よい速度で一定に。

このリズムを繰り返す。

 

しばらくすると、嬢の様子がおかしくなってくる。

こうなったときにいかせようと思って慌ててはいけない。

 

そこからは一定の速度で動かして、ずーっとそれを続ける。

 

すると嬢は自然に行くもんだ。

力とかじゃないんだよ。継続が大事。

 

 

ここまで仕込めばこちらのモノ。

 

次はブンブンだよ。

 

もちろんノースキン。

 

一瞬の抵抗があって、快楽が来て、嬢は僕のムスコを受け入れる。

 

この、受け入れる瞬間がたまらない。

 

自分のこれまでの前戯・クンニの勝った瞬間のように思える。

 

あとは一心不乱に腰を振るだけ。

 

この嬢に対しては体位を変えたりする必要もないだろう。

 

 

そのまましばらく腰を振って楽しんだ後

 

フィニッシュ。

 

最後の最後に、いいブンブンだった。

 

満足満足。

 

 

今後は他のジャカルタも見てみたい

 

今回は二日連続で北部でしたね。

安いし、安定感があるのでつい行ってしまう。

 

でもジャカルタにはたくさんの種類のエロがあるので、まだまだ調査していこうと思う。

 

特に鉄道のやつがまだいけてないから行ってみたいな。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。