チェコ・プラハの風俗【後編】(ShowPark Market)

昨日、三店舗回って無発。

 

今日こそは2018年ヨーロッパ初発射をしたいと思います!

 

前回の記事はこちら。

 

 

向かった先はもちろん、昨日のShowPark Davinciの系列店、Showpark Market店です!

 

ロケーション、外観など

 

少し街中から離れていますが、トラムを使えばすぐです。


外観。

昨日のDavinciと違って、平屋作りっぽい。

 

行ったのは20時ごろだが、向こうは21時くらいまで明るいのでこんな感じでした。

 

 

昨日のDavinciのエントランスフィーを払っており、24時間以内なのでそのまま入場。

はしごする場合は、エントランスのレシートをなくさないように。

 

なになに、58部屋?

それだけ嬢がいるってことなのかな。

 

 

入って衝撃!

 

それでは入店します。

ここMarket店はDavinciのバータイプとは全然異なります。

 

なんというか、少しドイツのFKKに似ているかな。

エントランスから入って1階で入場。

 

入場したら、右も左も行くことが可能。

右に行くとすぐに地下一階に降りる階段あり。

 

順にすべて調べてみます。

 

 

エントランス右側(一階)

 

ここにはバーとカジノがあります。

カジノと行っても簡単なスロットマシーンくらい。

 

飲みながらまったりする場所といった感じ。

 

ここでは嬢はちらほらしか見かけず、あまり営業する場所では無さそう。

 

またバー・カジノの奥に部屋があるけど、やり部屋かな?と思って、足を踏み入れなかった。

 

続いて逆側に行く。

 

 

エントランス左側(一階)

 

再度エントランスを横切って、今度は左側へ。

 

こちらはトイレと部屋しかないようである。

 

とりあえずトイレに行くふりをして、部屋を覗いてみる。

 

実はさっきから思っていたが、嬢のレベルが圧倒的に高い!!

昨日のDavinciとは雲泥の差である。

 

がしかし、システムが不明のため、ぶらぶらしながら声をかけられるのを待つ。

 

部屋は8の字っぽくなっていて、合計20~30くらいはあった。

 

歩いていると、部屋に明かりがついているところや、さらにその中に嬢がいるところもあった。

 

嬢がいるところの部屋からは勧誘のまなざしや言葉がかかる。

 

みんな若い。

なるほど、だいたいわかってきた。

 

嬢は一人一つの部屋を持っている。

フリーでその都度部屋に行くFKKのようなタイプではないようだ。

 

ということは58部屋あれば、嬢が58人いるのか?といえばそうではない。

この20時時点で稼働中だったのは、15人程度。

 

フル稼働すれば58部屋で、50人くらいがいるのは不明だが、キャパはあることになる。

 

15人にしてもかなりレベルが高い。

まず年齢。

 

それなりの歳の嬢もいてそうだが、半分くらいは20代前半に見える。

その他も行っていても30前後じゃないか。

 

フェイス、スタイルもかなりいい。

 

ということで交渉してみた。

ここのいい点は部屋に番号が振って在り、その番号を覚えておけば次に回ってきた時もわかりやすい。

 

僕が目を付けたのは部屋が6番と11番の子。

6番はロシアから20歳。

11番はルーマニアから19歳。

 

正直、どちらでもいいレベルである。

好み的にはルーマニアだが、ロシアも対戦してみたい。

 

値段を聞くと、20分1500CZK(7650円)、30分2000CZK(10,200円)と、昨日のDavinci店と同じ。

これが取り決め価格なのであそう。

 

うーん、どうしよう。

まだ20:30くらいだし、夜になるにつれて嬢が増える可能性もあり、今回は保留。

 

調査していなかった地下へ行くことにした。

 

地下一階へ

 

ここはストリップだった。

 

ここでしばらく休憩。

落ち着いて考えて、失敗せずに2018年ヨーロッパデビューをしたい。

 

ビール一杯800円ほど。高くない。

30分ほど本格的なポールダンスを見ていた。

 

その中で一人だけ、飛び切り可愛い子がいた。

Lちゃん、26歳。チェコ出身だという。

 

これは絶対にいい。

ひとまず話をしてみる。

ダンサーとしてここで働いていると。

ラブダンスをするなら1500CZKだと。

 

またここで出てきたラブダンス。

昨日はしっかりと調査できなかったストリップでの遊び。

そこでLちゃんに聞いてみた。

 

1500CZK払えば、あんなことやこんなことが出来るのかい?

 

するとLちゃんは、ここのストリップの子はそういう事はしないの。

二人っきりでセクシーなダンスを踊るだけよ。

 

とのこと。

僕はすぐさま地下を後にし、嬢たちのいる部屋に向かった。

 

 

対戦した嬢はこの子!

 

先ほど目星をつけていた子のもとに向かう。

 

6番のロシア嬢は扉が閉まっている。

ブンブン中か。

 

11番のもとへ向かうと、笑顔で迎えてくれた。

そこでお支払いし、エンジョイすることになった。

 

中に入ると6畳くらいになっていて、トイレとシャワー完備。

必要十分な設備である。

 

まずは僕がシャワーに入る。

久しぶりなので十分に温めて緊張をほぐす。

 

対戦した嬢のデータ

ルーマニア出身、19歳

Rちゃん。アリアナグランデ似。

 

 

ベッドに移って、サービススタート。

キスや生での接触は厳しくダメらしいので、まずはローションで手コキ。

 

元気になって来たところでゴム被せてフェラ。

ゴムは嬢持参のやつ。

 

またさらに元気になったところで騎乗位からブンブン始まる。

 

うーん、あまり締まりは良くないけど、暴発するでもなく程よい感じ。

しばらくして体位交代、正常位へ。

 

でも嬢なぜか上半身半起こし。肘をつしろについて、顔をあげている。

ダウンするのが嫌とのこと。

髪型崩れるのが嫌なのか?

 

これだと覆いかぶされないので、気持ちよく腰が振れないなぁ。

 

よくよく嬢の顔を見ると、かなりアリアナ・グランデに似ている。

本人はそうでもないと言っていたが、かなり似ている。

 

正常位していてもイキそうな気配はなく、僕の持ってきた日本製のコンドームに替えていいか?と聞くと、ダメだと。

なにやら自分が用意したもの以外信用していないみたい。

 

まぁ中には変な奴もいてるかもしれないし、ここで揉めてもしかたない。

正常位のまま嬢の体を横に向け、嬢の足一本だけ僕の下へ移動させ、ブルーの一番好きな松葉崩しの体勢へ。

 

締め付けが強くなり、数分でフィニッシュ。

うーん、嬢のスペックは申し分なかった。

 

その後

 

締りは少し良くなかったが、総じて満足。

この金額でこのレベルの嬢と対戦できるのはなかなかない。

 

あとは初めに行かなかった、一階右側の奥の部屋にも嬢がいたので最後に覗いてみた。

こちらはあまりいい嬢はいなかった。

 

この右側と左側と合わせて58部屋ということだろう。

この日は20~25人くらいいたかな?

 

 

プラハもなかなか捨てたもんじゃないと思いました。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。