ポーランド・ワルシャワ マンション置屋での失敗

暗いし本当にこんなマンションにパツ金色白のチャンネーはいるのか。

 

ゴールデンウィーク真っただ中の夜に僕はそう思っていた。

 

 

 

これは、ポーランドの首都ワルシャワのマンション置屋を訪問した時の話である。

 

※本記事中のポーランドの通貨ズロチ(PLN)は1PLN=30円で換算しています。

 

ポーランド・ワルシャワの夜の遊びとは

 

ポーランド滞在は短い。

なので夜に出撃できるのは限られるだろうと思っていた。

 

なのでネットで調べた情報で一発限りにて突入するしかない。

 

ネット情報で得た、ワルシャワの夜遊び方法は以下の二つ。

・車やポスティング・そこらへんに落ちているビラに電話する

・ネットの掲示板で探して連絡

 

どちらもアナログに電話をしないといけません。

 

今回は時間がなく、ネットである程度写真が見れたので、ネットでの方法を選択しました。

 

ワルシャワのエロ掲示板

 

検索するとすぐ出てくると思いますが、ブルーが使ったのがこちら。

ODLOTY.PL

 

ホームページ上ではエスコートと書いてありますね。

 

スマホでもいろいろと条件(年齢や値段)を設定して検索することが出来ます。

 

こちらがその時のキャプチャ画面です。

 

 

見たところ、一時間あたり150PLN(4500円)~1000PLN(30000円)を超える嬢もいてピンキリです。

 

こちらのサイトでは嬢の可能なサービスが細かく書かれているので親切ですね。

ただし、本当にこれらのサービスが可能か、金額に入っているか、事前に確認すつ必要があります!

 

 

 

さて、ネットで物色しつつ、今日の対戦相手を探して行きます。

 

当日アポ開始、アポの取り方

 

この日は21時ごろからアポ取り開始しました。

かなりアナログで、上記サイト上に書いてある電話番号に電話をしないといけません。

 

がしかし、嬢のほとんどは英語があまり話せないのでこれも難点ですし色々と問題点がありました。

 

ポーランドは初めてですし、向こうの家に行くのはリスキーに思えて、自分の泊まっているホテルに来てもらうよう交渉をしていました。

 

アポを取る際の問題点

・嬢の英語力が乏しい。時には英語のできる友人に電話を替わることもある。

・サービス内容など詰めたあと、最終的にホテルの場所と部屋番号をSMSのメッセージで送れと言われる。

おそらくイタズラ対策だと思われる。

しかし持っていたシムはネットオンリーでショートメッセージが使えず、ホテルの情報を送れない。

・自分のホテルに呼ぶ場合、タクシー代としてプラス100PLN(3000円)ほど上乗せされる。

 

上記の問題から、自分で嬢のいるマンションへ出向くことにしました。

21時からアポを取り始めて22時になりつつあり、上記の方は情報を集めつつ好みの嬢を探して行きました。

 

いざ嬢のマンションへ

 

三人ほどに連絡。

 

一番素人っぽくて、泊まっているホテルから近い子に選びました。

 

10分くらい歩いてマンション前へ。

 

着くと再度電話して部屋番号を教えてもらい、入り口でインターホンを鳴らす

 

すると中から鍵を開けてくれる。

 

若干リスキーだなぁと思いつつも、エロへの探求心にはかなわず。

 

恐る恐る階段を上る。

 

 

遊んだのはこんな子

Alina 19歳 大学生

1時間 200PLN(6000円)

 

さっきのキャプチャの子です。

入ったら本人が開けてくれました。

んー、なんかサイトと違うような?

165cmって書いてあるのに明らかにもっとあるし

19歳学生とあったのに19に見えない。

まぁ、いっか(これがだめなんだなぁ)

 

電話の時点でわかっていましたが、あまり英語ができない。

全て込みで200なんだよね?と確認して支払いへ

 

嬢との遊び

 

その後はシャワー

普通の家のシャワーです。

 

終わってベッドにゴロン

Aも下着姿でやって来ます。

 

白人でなかなかのバディ、少し身長でかいけどええなぁ

 

まずはフェラ開始です。

 

まぁほとんど素人なのであれですが、全くたっていない状態からゴムをかぶせてフェラ。

 

もう少し半たちくらいでかぶせてよーと思うけどしかたない。

 

現地の質の悪いゴムでのフェラなのでなかなか元気になりません。

 

なんとか嬢の乳をもみもちしていたら半たちくらいにはなって来ました。

そのまま15分くらい続けます。

 

60分あるのでいいかなぁと思っていましたが、なんだかやるせなくなって来たので、攻守交代!

と思いましたが、そうはいきません。

 

やはり一筋縄ではいかなかった!

 

なにやら200PLN(6000円)だとフェラだけだと

あー?

 

となりましたが、ここは冷静に。

200で全部込みって言ったよね?

 

電話でブンブン込みで確認したよ、と。

※電話では複数の嬢とやりとりしており、自分の確認が不十分もしくは勘違いしている可能性は否定できない。

 

また向こうの英語力の問題もある。

 

するとブンブンするにはプラス100PLNだと。

 

まぁまぁよくある事。

 

じゃー、フェラで行かせてもらいましょう。

そのうち嬢も疲れて妥協するでしょう。

 

ということでフェラ続行。

この嬢、かなりフェラが下手くそです。

 

まずほとんど口を使わず手のみ。

 

それハンドジョブだよ、ブロウジョブじゃないよと注意してしました。

 

彼女のは、先っぽを口に含んで手を動かすだけ

 

カリを刺激するわけでもなく、下半分の皮を動かすだけ

 

しまいには口もなくなり手だけになりました。

 

しかも適当に上下に動かすだけ

痛いんだけど?と英語で言っても無視

 

こりゃそろそろ怒らないとだめだなぁと思い

ブロウジョブにして!とやりとり

 

この時点で30分くらい経過

 

嬢はハンドジョブで手が疲れたようで休み休み

そんなんじゃ気持ちよくなるはずもなく、こいつはダメだなと、感じて強めにブロウジョブプリーズと言ったところで

 

 

嬢がキレて部屋から出ていきました。

すぐ帰って来てフィニッシュフィニッシュとか、いいだします。

 

は?なに言ってんの?

ノーフィッシュでしょ?

 

まだ30分だぞ

とやりとししてましたが、もうこうなると完全にダメですね。

 

すったもんだがあり金返せとかやっていましたがらちがあかず

とりあえず、帰らないよと部屋に居座って向こうも他の嬢の部屋に閉じこもり

 

強行手段に出たり部屋をむちゃくちゃにしたりしてもいいんですが、そんなに小さい男じゃないですし、こちらが危ない目にあっても嫌ですし。

 

再度話をしにいきますが、向こうはもう違う嬢の部屋から出てこず、籠城。。。

 

 

 

ということで、しかたなく帰りましたー

 

ワルシャワ、苦い思い出となりましたー((+_+))

 

あー、出会い系とかネットに運がないな

 

日本、フィリピン、ポーランドで失敗

今後はネットでの活動嫌になるなぁ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。